ドーム型カメラの特徴を紹介!家庭用におすすめ

子供が自宅にいる方にとって外出中は家の様子がとても気になりますよね?防犯カメラの設置を考えている方もいるでしょう。そんな方にはにドーム型の防犯カメラがおすすめです。今回はドーム型カメラの特徴を解説します。まず一つ目のメリットとして目立ちにくさが挙げられます。防犯カメラが与える威圧感というのは存外無視できません。レンズを四六時中向けられている状況というのは子供にとって相当なストレスになると思います。その点ドーム型カメラは存在感が薄く、子供に与えるストレスを最小限に抑えつつ監視できます。
またその目立ちにくさから景観を損ねることもないので、おしゃれな家にもぴったりです。二つ目に撮影範囲が広い事にあります。ドーム型の撮影範囲は広く、中にはドームが回転することにより360°見渡せるドーム型カメラもあります。そのため他のタイプの防犯カメラでは数台の設置が必要な部屋でもドーム型カメラなら一台で賄えます。設置数を最小限に出来るので、前述の目立ちにくさというメリットをより大きくできます。また設置数を減らせるという事は費用を削減す出来るので、ご家庭でも気軽に設置できます。ドーム型カメラは家庭でも監視カメラにぴったりです。自宅の留守が気になる方はぜひ検討することをお勧めします。

耐久性の優れたドーム型防犯カメラ

犯罪を未然に防いだり、その証拠を残すための手段として多く用いられているのが防犯カメラです。不特定多数の人が出入りし、犯罪などに巻き込まれるリスクもある商店などでは店内に防犯カメラを設置することが一般的でしたが、近年では一般の家庭用に設置される防犯カメラを多く登場しています。そのような場合の防犯カメラには従来のビデオカメラのような形をした防犯カメラのほかにも、丸くて目立たないドーム型カメラを設置するというケースも増えてきています。
それぞれの形をした防犯カメラにはどちらにもメリットがあり、ビデオカメラのような形状の防犯カメラはすぐにそれがカメラであるということが分かるため、監視されているという意識が働き、犯罪を未然に防いでくれる効果があります。一方ドーム型カメラはそれがカメラであると気づかれにくいことから事前に察知されにくく、犯罪の証拠をつかむことに優れているといえます。またドーム型カメラは撮影する範囲が広いものが多く、カバーに守られているため風雨やほこりなどの影響も受けにくく、屋外に設置することも可能です。外部からの衝撃に強いものなど防犯カメラ自体の強度を高めることもできるというのもドーム型カメラのメリットといえます。

Notice

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加