ドーム型カメラの多彩な機能

防犯カメラにはボックス型とドーム型がありますが、ここではドーム型カメラの特徴についてお話していきます。まずドーム型カメラ一番の特徴はその見た目です。一般的な防犯カメラには威圧感を与える形状が多いですが、ドーム型は丸みを帯びたフォルムで威圧感を与えることなく取り付けることが可能です。したがって屋外は元より、屋内にも違和感なく取り付けることができるでしょう。またドーム型カメラも日々進化しており、様々な機能を備えたものが次々と登場しています。
例えばスマホと連動させ、遠隔操作を可能としたものや、夜間撮影のできる赤外線搭載のもの、360度広範囲の撮影ができるもの、さらには音や光で警告をしてくれるものなど実に多彩です。特に広範囲をカバーするものなら、それだけ設置台数も少なく済むこと繋がるのでオススメです。もちろん高機能になればそれだけ価格も上がってきますが、レンタルやリースができる業者もたくさんありますので、最初はこうした業者を利用してみるのも良いと思います。レンタルなら設置も行ってくれますし、故障時にも迅速に対応してくれますから防犯カメラを初めて取り付けようと考えておられる方にも安心ではないでしょうか。

空き巣対策には防犯カメラの設置がオススメ

近年、空き巣や不法侵入者対策のために防犯カメラを設置するお宅が増えてきています。これは以前に比べて価格が手ごろになってきたという背景もありますが、それよりもやはり防犯面での不安から自分の身は自分で守ろうと考える方が多くなってきたためでしょう。では防犯カメラにはどんな種類があるのでしょう。街中でよく見かけるのが黒い箱型の防犯カメラです。ですがそれとは別にドーム型カメラというものがあって、これは箱型よりも目立たず設置することのできる防犯カメラとなっています。
ですから個人のお宅やお客さんの出入りが激しい店舗などで多く利用されていて、年々設置台数も増えています。このドーム型カメラが目立たないのはサイズが小さく、一見しただけではガス探知機や照明器具などと見分けがつかないことが多いからです。ただし逆に言えば不審者にも気づかれにくいため、防犯としての役目を期待するならあまり向いているとは言えないかもしれません。しかし設置場所によっては目立たない方が良い場合もありますし、ドーム型のカメラならどこを撮影しているのか把握しにくいため、不審者、侵入者が心理的に嫌がる可能性もあります。以上がドーム型カメラの特徴ですので、防犯カメラを設置する際の参考になればと思います。

Notice

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加