ドーム型防犯カメラの特徴や種類について

近年、物騒な世の中になってきていて、自分や家族のことは自分たちで守ることが必要となってきました。そこで安全に暮らすためにも防犯カメラを設置する家庭も増えてきました。防犯カメラにも種類があり、オススメなのがドーム型カメラです。ドーム型カメラの特徴は1台設置すると広範囲を見守ることが出来るということです。見た目もシンプルでデザイン性もいいため外観を壊すことなく安全を守ることが出来ます。ドーム型カメラにも種類があり、その用途によって使い分けることが大切になります。
例えば屋内の夜になると暗い駐車場などに設置する場合は赤外線型暗視カメラという夜間の暗闇であっても映し出すものが可能であるもの、ドーム型カメラは基本的に屋内用のものが多いですので雨に当たると故障の原因にもなりますので屋外に設置したい場合は防滴仕様のもの、もし強盗に入られた時にカメラに気付かれ壊されたら意味がないですよね。
そんな心配がある方はハンマーなどで叩いても割れない対衝撃型のものといった種類がありますので、どこに設置するのか、何を監視したいのかによって使い分けるといいでしょう。このように防犯カメラを設置するだけで犯罪の未然防止にもなります。これからの自分たちの身を守るためにも是非ドーム型の防犯カメラを設置することを検討してみてください。

その場所に合ったドーム型カメラを選びましょう!

防犯カメラは犯罪への抑止力ともなり、万が一犯罪が起きた時にもその様子を撮影する事が出来る防犯グッズです。ドーム型の防犯カメラは外見が滑らかで風景に溶け込みやすくマンションやビルのエントランスなどでよく使用されています。そのドーム型カメラにも種類がいくつかあります。まず赤外線暗視型ドームカメラです。赤外線暗視機能が搭載されたカメラを利用すれば暗闇であっても鮮明に映像を記録する事が出来るので夜間暗くなったオフィスなどに誰かが侵入した場合などにも役立ちます。
夜間手薄になった警備を突いてくる犯人の証拠となり事件解決のアシストとなります。耐衝撃設計ドーム型カメラはもし撮影に気付かれた場合犯人が破壊しようとした場合でも耐えられるような耐久性を備えたカメラです。ハンマーを使用しても壊れない程で、強盗が押し入る可能性の高い銀行や貴金属店といった場所で使用するのにも向いています。
野外防滴ドーム型カメラは屋外にも設置する事が出来るカメラです。特性上雨ざらしになるような場所に設置する事は出来ませんが軒下などに設置する事が可能です。またドーム型カメラ自体の特徴として1台だけでも広範囲を撮影できるという事が挙げられます。そのシンプルなデザインと相まってあまり威圧感を出したくない場合に向いているカメラとなります。

FAX、メールでのお問い合わせは24時間受付。 ハイビジョン映像による監視をお手頃価格でご提供。 高品質な防犯カメラを9,800円から、監視用デジタルレコーダーは29,800円から販売しています。 防犯カメラや監視カメラの設置費用などは、その場所や内容設定などによって違ってきますので、現場を調査後に費用の案内を致します。 ドーム型カメラはポートフォリオでも使用可能です

Notice

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加